YouTubeで学ぼう

ちょっとサングラス姿が怖い(笑)

松尾友貴プロに学ぼう!

色んな人の意見を聞いて上手くなろう!

人は、それぞれ違う打ち方をしているので、自分に合った打ち方を探そう!

なので、色んな人の打ち方で参考になりそうなのをアップさせて頂いています。

体形が違えば、打ち方も変わりますよね!

女性と男性でも違います。

なので、色んな打ち方を試してみましょう!


1.今すぐやめてください!バックハンドスライスでやってはいけない3ポイント!

  • りこりこちゃんでも紹介しましたバックハンドスライスを見てみましょう!

    バックハンドスライスではやってはいけない事です。




  • 1つ目は、脇を開かない事ですね!
    脇を開くと、力が入りにくいという事です。

    確かに、ラケットも寝てしまいがちですね!

  • 2つ目は、手首をこねない事です。

    手首ってこねてしまう人が多いのではないでしょうか?

    私もやっているような気がする。(笑)

    手先でごまかさず体でしっかり打ちましょう!
    安定感を出したいなら、強い筋肉を使わないとね!

  • 3つ目は、体を開いて打たないです。

    体が開くと、力が入らないという事ですね!

    これは、本当に皆やっているのではないでしょうか?

    私もやっている。(笑)

    開くとカッコも悪いし、力も入りにくいです。

    ついつい打った打球を見たい為に、体が開くと思いますが
    しっかりと打つまでは我慢ですね!
    打った後に開くのはOKなので、頑張って開かないようにしましょう!

2.決め手がなくてラリーが長引く人必見!強くなるためのライジングショット講座!

  • まさに私の課題です(笑)

    こないだの試合は、ラリーが長引いていました(笑)
    決め手は何かもっておかないといけないですね!



  • 1つ目は、素早くボールの後ろに行くですね!
    これは、やっているようで、難しいですね!

    打つタイミングが崩れてはライジングとなりにくいので
    ちゃんとボールとの距離をとりたいですね!

    ここが出来なければライジングは難しいです。


  • 2つ目は、踏み込みが大切!
    通常のフォアでもやっていると思いますが、それ以上に踏み込みが大切です。

    この踏み込みがないと、ボールにパワーが伝わらないので、打球が弱くなります。
    ライジングは、タイミングで打つために、スイングで打つと言うより
    跳ね上がりをしっかりとタイミングを合わせて、打つイメージになります。
    通常のフォアのように、振り回していると当てるのが大変となります。


  • 3つ目は、フラット気味に当てるですね!
    ライジングは、通常のフォアスイングみたいに振らないので
    フラット気味に当てる事でパワーをうみます。

    また、ドライブをかけるようなスイングだと、ボールが上に上がり過ぎてしまいます。

    ライジングは、高い打点で捉える為に、ドライブをかけてしまうと、オーバーしてしまうんですね!
    フラットで、前に押す感じでスイングする事で、早いボールを返す事が出来ます。


  • 打つときに上体を浮かせない。
    上体を浮かした状態で打つと、これまたボールがオーバーします。
    また、ライジングで捉えたい打点より高い打点で打つ事になりますね!

    ジャンプして打つなら、ライジングの打点で打たない方がいいですね!

ライジングは、反復練習が欠かせません。
まあ、どんな練習もそうですが、ライジングの練習は練習でやりましょう!
試合で出せれば、効果絶大です。

ついつい試合ばかりしてしまうと思うのですが、
試合で勝ちたければ、強くしたいショットを練習する事をお勧めします。