YouTubeで学ぼう

今日は、松井プロの生徒さんを使ってのフォアのレベルアップ講習です。

フォアを強くしたいって誰もが思っていると思います。

適格な事を言っていると思ったので、掲載します。

色んな意見があると思うので、自分が見ていいと思ったら実践してみてはどうでしょうか?

1.たった45分でフォアハンドが劇的改善!初中級から上級にランクアップする松尾プロの特別レッスン!





  • 素振り通り振るって、私も思っていますが、なかなか出来ていないという事ですね!

    ついつい力んでしまう(笑)

    相手が強い人だと、更に力みますね!

    動画を見ていると、明らかに力が抜けている時は、ラケットを振り終わった後が全然違います。

    力が抜けると、自然とプロネーションしているんですね!

    確かに子供達のスイングは、綺麗にプロネーション出来ている子供が多いです。

    大人は、逆に力で振っているので、プロネーション出来ていないんですね!

  • 足で打つ!

    確かに、地面を足で蹴った力を使って打つ事が必要ですね!

    その為には、打点がかなり前にならないと打てませんけどね!

    ついつい腕に頼ってしまうのが、パワーに繋がらなかったですね!

  • ボールとの距離を空ける事が大切!

    これも分かっているんですが、何故かドンドン近づいてしまう。

    力んでいるという事でしょうか?

    普通に素振りをする時と同じだけ、距離を空けないといけないのにね!

    距離感、足の蹴りは、何回も練習するしかないですね!

    自分が調子良い時には、自然とボールとの距離感もいい感じなんですけどね(笑)

    調子が悪い時は、近くでとっている(笑)

    肩に力が入っているんですね(笑)

2.セカンドサーブが絶対に入る4つのポイント!松尾友貴プロのサーブ講座




  • セカンドサーブが入らないので、掲載してみました。(笑)

    セカンドサーブ持ってますか?

    絶対に入るセカンドサーブ必要です。

    何故って、試合でのセカンドサーブは絶対です。

    ポイントを落としてしまいますからね!

    入れば、ポイントを取れる可能性は高いのに!

    この講座で気になった事は、サーブを打った後の、最高到達位置の件です。

    ネットの手前で最高到達位置がくるようにサーブをするなんて考えた事もなかったです。

    ただ単に、打っていました。

    確かに、ネット手前で、最高到達位置がくれば、絶対に入る確率が上がります。

    当然、かけるサーブをした時ですよ(笑)

    フラットは例外です。

    そもそもスピン、スライスサーブをちゃんと入れれないけどね(笑)

    そこから練習ですね!

    また、別の動画で勉強します。(笑)