YouTubeで学ぼう

今日は、サーブです!

良いサーブが打てるように、ポイントに繋がるので、しっかりと練習したいですね!

でも、どうやれば?

同じ事をやっていても上手くなりません。

色んなやり方をやってみましょう!

と言っても、そんなに変わりませんけどね!

少し変えるだけで、全然変わります。

また、少しだけ変えれば良くなる場合も気づかなければ良くなりません。

もう一度、自分の打ち方を見直してみましょう!

何でもそうですが、すぐには上手くなりません。

継続する事が大切です。

1.なかなか上達しない方必見!サーブが下手な人の打ち方3選!





  • 力任せに打っていませんか?

    打ってます(笑)

    ついつい速く打ちたくなると、どうしても力任せになってしまいますね!

    では、どうすればいいのでしょうか?

    インパクトを速くする。同じ打点でとる等ですね!

    ボールに当たる瞬間だけラケットスイングを速くするのがいいですね!

    でも、そんな簡単にはいきませんね!

    ボールに当たる前には加速を終えるイメージで打たないと、ボールに当たった時に

    トップスピードにはなりませんね!

    殆どの人が、ボールを打った後にトップスピードを迎えるので、球が速くならないのです。

    打点で、トップスピードを出せるように、スイングを心がけましょう!

  • 肘の位置が低い人は、早いサーブを打つ事が出来ないです。

    しかも、体に近い位置に肘があると、力を出せないので、注意が必要です。

    肘が九十度になるくらいに、曲げて打つ事が速度を上げるポイントとなるそうです。

    あとは、前進のパワーをラケットに伝える事が出来れば更に速度がアップすると思います。

    自分の体がどうなっているか分からない場合には、動画を撮ってみましょう!

    自分の体の動きを見て修正する事をお勧めします。

  • 体が開き過ぎていませんか?

    体を開く動作は、必要ですが開き過ぎていませんか?

    体を開き過ぎると、サーブが速いならないのと、コントロールが乱れてしまいます。

    体を回し過ぎない事が大切です。

    打ち終わった後に、回ってしまうのはOKだそうです。

    ボールを最後まで見続ける事で、体の開きを抑える事が出来ると思うのでチャレンジしてみて下さい。

    ボールを打った後に、左手を引いてしまうより、お腹の辺りで止めとくと

    体が開かずにいれるかも知れないので、試してみて下さい。
※ 自分にあったフォームを見つけよう!