YouTubeで学ぼう

上達したい人へ!

今回は、上達したい人へのアドバイスです。

当たり前のような事だけど、大切な事です。

実際に自分が出来ているかというと、出来ていない。(´;ω;`)

色んな事が出来るようになるって、とても大切な事です。

色んな事にチャレンジしよう!

自分の得意ショットってありますよね?

そればかり練習するってどうかな?

当然、得意ショットをドンドン上手くする事も大切ですが、そのショットを打つだけで勝てますか?

テニスで勝ちたければ、自分が弱い部分を成長させる事が大切です。

1.知らない人は正直ヤバい。。。練習してるのに上手くならない人の特徴3選を松尾プロが解説します。




  • 同じミスをする人!

    私ですか(笑)

    ミスは誰でもするんです。

    でも、同じミスを続けてするのは、どうでしょうか?

    試合中に、同じミスをしていれば、当然負けますよね?

    相手は、ミスをする所に打ってくるからです。

    一球一球、自分のショットがどうだったかを確認しながら、ショットを打とう!

    色んなショットを打つ事で、また、別の自分の得意なショットが生まれるかもよ!

  • 同じ位置でショットしている人!

    これは、練習の時だと思いますが、色んな位置で取ろうという事ですね!

    同じ人と打てば、たいてい同じ位置に返ってくる。

    そんなラリーをしても、新しいショットが打てないという事になります。

    色んな位置から打つ事で、色んなショットを打てるようになります。

    また、新しい発見があると思います。

    色んな人と打てば、もっといいかも知れませんね!

    人が変わればショットも変わります。

    色んなタイプの人と打てない場合には、自分で位置やタイミング等を変えて練習してみるものいいかも知れませんね!

  • 同じ球種、軌道で打ちたくなりますよね?

    でも、それってどうかな?

    同じ球種、軌道で打つという事は、相手にとっては、どうかな?

    相手は、同じ球種、軌道であれば、対応してくるでしょうね!

    色んなショットを打つ事で、相手が悩む事になるのではないでしょうか?

    例えば、フラットで打つ、ドライブで打つ、アングル、ドロップ等、色んなショットを打つから相手が悩む!

    野球で例えると、ストレート、カーブ、フォーク、インコース、アウトコース等を使って打者を打ち取ろうとしますよね!

    テニスも同じなんですね!

    相手の嫌がる事をする為には、色んなショットを打つ事が必要です。