YouTubeで学ぼう

手打ち改善方法を学ぼう!

手打ちをしていると思われている方は、是非改善方法を学んでみよう!

手打ちは、何故ダメなんだろう?

パワーに限界がある。

安定性にかける。

怪我の原因になりやすい等があげられます。

何故、子供達は、手打ちにならないのか?

子供達は、手の力が弱い為に、全身でラケットを振ろうとする為に手打ちになりにくいのです。

大人は?

力がある為に、腕で振ろうとして手打ちになりやすいです。

では、どうすれば改善出来るのでしょうか?

面白くないですが、ちょっと真面目な動画をみよう(笑)

1.打点を前にする簡単な方法





  • デッキブラシで手打ち改善!

    少し重くて長い物を使っての素振りですね!

    どうしても長くて重い物を振るには、貴方はどう振りますか?

    手で振るのは難しいのではないでしょうか?

    全身を使って振ろうとしないでしょうか?

    言ってみれば、子供達がラケットを振ろうとすると、こんな感じなのかも知れませんね!

    小さい子供達が長く思いラケットを振ると、身体全身を使って打とうとします。

    大人も同じように、デッキブラシを振るイメージを覚えてラケットを振りましょう!

  • メディシンボールでも同じ事ですね!

    長さはないですが、重い物を遠くに飛ばそうとすると身体全身で投げようとすると思います。

    ここで気をつけたいのは、頭を左右前後に動かさない事です。

    身体を回転させて投げる事が重要となります。

    ラケットを振るイメージでボールを投げましょう!

  • デッキブラシやメディシンボールで身につけた動作をラケットを使って振ってみよう!

    ボールにラケットを当てようとすると、素振りが変わってしまう可能性があるので

    当たらなくてもいいので、手打ちにならないように振ってみよう!

  • 手打ちになっていないかを、常にチェックしながら打ってみよう!

    軸がちゃんと出来ていますか?

    肩がちゃんと入っていますか?

    等をチェックしながらやるといいと思います。

    覚えるまでは、チェックするといいと思います。

    身体が覚えれば、考えなくても打てるようになりますので、それまで頑張りましょう!